2017年02月22日

「車掌」・・・

乗車券などの確認をするイメージが強いと思いますが、職務はそれだけではないです。

円滑な鉄道・バスの運行のために役割をこなします。

とはいえ機関士や運転士のように直接運転に関係するわけではないです。

合理化からワンマン化の流れで車掌を廃止するところもあります。





「社会的現実性」・・

誰かが自分に賛成してくれたり、自分と同じ意見の他者の存在を知ったとき、自分は正しいと思うことができるそうです。

ちなみに社会的比較、社会的比較により作られる評価基準のことを社会的現実性とよぶんだとか。

賛成者の数が重要になってくることも多いです。






「製麺技能士」・・・・

和食・中華・洋食いずれにも麺って大事です。

なので麺といえばだれもが知る食材。

でも作るとなるとなかなか簡単ではないです。

そんな製麺についての技能検定があります。

手延べそうめん類製造作業、機械生麺製造作業、機械乾麺製造作業があり、それぞれ単一等級での資格となります。



続きを読む

drecom_shikaku at 06:46資格とスキルのおしゃべり 

2017年02月16日

「事務」・・・

事務職というと昔は肉体労働者と対比して使われていたような気がします。

オフィス内でのデスクワークのイメージです。

昔は紙と鉛筆だったのが、今ではパソコンを使った仕事をイメージする人は多いです。

コンピューターの普及もあり、事務といわれる仕事の種類はかなり広がっています。






「ゴマすりの効果」・・

お世辞を言ったり、相手の意見に同調したりして、好意を引き出そうとする行為です。

ゴマすりだけで結果を得ようとする姿勢には弊害も多いです。

そもそも仕事内容がよくなっていないのに評価を上げるだけの余裕はないです。

またゴマすりが目立つと同僚からは反感をかいがちなので、あまりいい結果につながりにくいです。






「菓子製造技能士」・・・・

菓子づくりというと職人が一つ一つつくるものと、ラインで作っていくものがあると思います。

菓子にもいろいろです。

そんな菓子製造にも技能検定があります。

この資格、できあがりが美味しいかどうかは関係あるのでしょうか。

和菓子製造作業と洋菓子製造作業に分かれます。



続きを読む

drecom_shikaku at 06:43資格とスキルのおしゃべり 

2017年02月10日

「児童文学作家」・・・・

小学生くらいまでの小さな子供向けの文学作品です。

0歳の赤ちゃんに聞かせるような読み聞かせのための本も含みます。

そのためイラストが多いのが特徴です。

またことばも分かりやすく少ないものが多いです。

大人向けの文学とは全然違う感性が必要な仕事のようです。






「好意の返報性」・・・

好意を持ってくれる人には、好意を抱きやすいものです。

逆に嫌われている人を、好きになるのは難しいものです。

つまり、好意を持ってもらいたい相手には、好意を持って接するほうがいいということです。

経験的に知っていることだと思いますが、ときどきは思い出したいことです。





「パン製造技能士」・・

パンは身近な食べ物ですが、そのパンの製造についても技能検定があります。

パン製造にかかわる技能検定は1級・2級のほか特級もあります。

特級は管理者・監督者とあって工程管理、作業管理、品質管理、原価管理等々の管理についての試験です。

1級と2級はパン作りの試験になっています。




続きを読む

drecom_shikaku at 06:48資格とスキルのおしゃべり 

2017年02月04日

「市町村長」・・・・

選挙によってなることができる職業で、その自治体の長です。

地方公務員法の規制を受けない特別職地方公務員です。

任期は4年のため、続けるためには選挙で勝って再選されなければなりません。

議会から不信任を受け、議会を解散して再び不信任を受けると失職します。

また住民によるリコールでも失職します。






「欲求階層説と動機」・・

仕事に対するモチベーションについて、マズローの欲求階層説との関係でとらえることもできます。

5つの階層に分けた欲求は低次のものが満たされないと高次のものが表れないというもの。

まずは飢えや渇きなどの生理的欲求、次は安全性への欲求、そして集団に所属し愛されたい欲求。

さらに集団の中で尊重されたい欲求、そして最後に自己実現の欲求です。






「電気製図技能士」・・・・

目では見ることができない電気を扱うための製図だけに、それ用の知識と表現方法があります。

それようの記号を用いたりして製図していきます。

配電盤・制御盤製図作業では1級から3級まであり、その試験内容はかなり違っています。

経験や実力に合わせて挑戦します。



続きを読む

drecom_shikaku at 06:53資格とスキルのおしゃべり 

2017年01月29日

「質屋」・・

何かの物品を担保にお金を借りることができる店です。

担保の物品を質草といい、期限までに返済できない時はその物品を処分して返済にあてます。

その物品が返済予定の元利よりも高額で処分できたその差分も質屋の利益になるんだとか。

無担保ローンが気軽になっているので存在感は薄くなってそうな気がします。






「返報性で」・・

親切をされると、お返しをしないといけないと感じます。

その気持ちがあるので、親切は一方通行になることって多くはないのかもしれないです。

とはいえ、相手に取ってやってもらうことが当たり前のことになってしまっては、お返しが期待できないことも。

相手との関係づくりも大事です。






「光学機器製造技能士」・・

レンズやプリズムなどを使った光学機器の製造にかかわる技能検定です。

内視鏡やカメラなどに活用され、さまざまなシーンで重要な役割を担っています。

試験では、「光学ガラス研磨作業」「光学機器組立て作業」の区分があります。

等級区分もあり、1級と2級です。



続きを読む

drecom_shikaku at 06:52資格とスキルのおしゃべり 
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ