2017年04月23日

「准教授」・・・

以前は助教授と言われていた役職に相当します。

准教授は教授に次ぐ立場の教員です。

准教授の立場で実績を重ねることで、教授を目指していきます。

大学に教授のポストが空かない場合は、なかなか上がれないこともあります。

そのため准教授といってもその実績や能力には差があったりもするようです。





「アートディレクター」・・・

視覚的な表現を総合的な演出を総括・監督する人です。

広告や宣伝、グラフィックデザインなど様々なシーンで活躍します。

各種美術展・作品展の企画・立案・運営を行う人もこのように言われたりします。

ちなみに実際に手を動かして作業の当たる人はデザイナーといわれ、区別されます。





「寝具製作技能士」・・

誰もが毎日お世話になる寝具の製作に関する技能検定です。

睡眠は人間にとって健康的な生活の基本になるものですから重要ですね。

資格には1級と2級があります。

寝心地の良い手作り寝具を求めている人にとってはこの資格が布団選びの一つの目安になるかもしれませんね。



続きを読む

drecom_shikaku at 06:19資格とスキルのおしゃべり 

2017年04月17日

「手話通訳士」・・・

学校、病院、企業、官公庁、裁判、選挙での政見放送などにおいて、聴覚障害者の支援を行います。

手話通訳者の公的資格であり、裁判や政見放送での手話通訳には欠かせない資格です。

国家資格ではなく省令の定める公的資格だそうです。

ちなみに一般の手話通訳については無資格でも仕事としてできるのでした。






「アーティスト」・・・

アーティストはいわゆる芸術家です。

とはいえ従来からの芸術家という言い方とは少しニュアンスが違うこともあります。

広い意味を持つこともあり、美術、音楽、文筆、ダンサー、デザイナーなどの様々な分野で使われることもあります。

アーティストへの道はまさに多様なのでした。





「和裁技能士」・・・

日本の伝統文化のひとつである和服を作るための技能である、和裁についての技能検定です。

時代が流れても、やはり和服は残していきたいものだと思うので、大事な資格だと思います。

和服制作作業ということで、3級から1級までの等級があります。

経験や技能に応じて選んでチャレンジします。



続きを読む

drecom_shikaku at 06:39資格とスキルのおしゃべり 

2017年04月11日

「塾講師」・・・

塾講師といえばテレビでも活躍する有名人がいる花形の職業かもしれません。

でも一方でアルバイトで塾講師を行っている人盛、その待遇面は多様です。

学校の先生と違い、資格が不要な分、実力による評価が大きく待遇を分けることになります。

未就学児、小学生、中学生、高校生、大学受験の浪人生など対象も様々です。





「アスレティックトレーナー」・・・

高齢化する日本で、注目される職業の一つです。

スポーツ現場で選手が受傷したときの応急処置や、傷害を評価しそれに応じた次の対応なども行います。

プロチームに限らず、一般の人のスポーツにも関わっていく職域の広い職業です。

現場で用いられる技術としては、テーピング、ストレッチング、アイシングなどがあります。





「紳士服製造技能士」・・・

男性向けの衣料である紳士服の製造に関する技能検定です。

注文服や既製服の区分のほかにも作業に応じた区分があります。

それぞれ等級区分があり、1級あるいは2級に自分のレベルに応じて挑戦します。

既製服が主流になっているこの時代にも注文服の技能検定もあるんですね。



続きを読む

drecom_shikaku at 06:35資格とスキルのおしゃべり 

2017年04月05日

「ジュエリーデザイナー」・・

宝石のほか貴金属などを用いて、装身具(アクセサリー)やインテリア小物・工芸品等をデザインします。

デザインのセンスと共に、宝石や貴金属についての知識、また技術の習得も欠かせません。

ジュエリーデザイナーになるための学校もあります。

現在では企業内デザイナーが多数派のようです。





「アシスタントディレクター」・・・

放送・映画業界等における演出部の職種の一つです。

ADと略されます。

テレビのADは事務を含めた雑用も担当します。

映画の助監督は監督の代行や、一定の裁量権ももっています。

テレビと映画では同じ名称でも役割にかなりの差があるようです。

いずれにしても、監督の補助であることには変わらないです。






「婦人子供服製造技能士」・・・

衣服・繊維製品のうち、婦人服や子供服に関する資格です。

婦人服と子供服をそれぞれではないんですね。

婦人子供注文服製作、婦人子供既製服製造、婦人子供既製服パターンメーキング、婦人子供既製服縫製があり、どれかを選んで試験を受けます。

1級と2級があり、経験や実力に応じて挑戦するのでした。



続きを読む

drecom_shikaku at 06:34資格とスキルのおしゃべり 

2017年03月30日

「守衛」・・・・

施設等の警備を主に行います。

仕事の内容は警備員みたいですが、両者は違います。

そのため警備員法に縛られることもありません。

守衛は、その土地建物の管理者に直接雇用されて仕事に当たります。

通常は、制服・制帽で護身用具を持ち警笛、無線機、懐中電灯などを携行しています。






「アーキビスト」・・・

あまり知られていない職業ですね。

司書や学芸員と似た感じのイメージを持つ人もいるかもしれないですが、ちょっと違います。

永久保存価値のある情報を査定、収集、整理、保存、管理し、閲覧できるよう整える専門職とされます。

情報のデジタル化や、媒体の劣化対策など専門的な知識も重要です。






「ニット製品製造技能士」・・・

ストッキングやブラウス、ポロシャツ等々、様々なニット製造にかかわる技能検定です。

ニットがカバーする製品は、普通の人の想像するものより広いみたいです。

衣類などの製造には欠かせない技能だけに、働き手としては資格を取得しておくことがキャリアアップに大事だと思います。



続きを読む

drecom_shikaku at 06:36資格とスキルのおしゃべり 
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ