2016年12月06日

「シェフ」・・

西洋料理における料理人はコックといいますが、シェフは料理人を統括する立場です。

フランス語からきた言葉で、フランス料理のイメージが強いかも。

日本料理の料理人は板前といい、最上級は花板と呼ばれます。

シェフの他、シェフを補助するスー・シェフという役職もあります。





「専制型リーダー」・・・

リーダにもいろいろタイプがあります。

専制型リーダーといわれるリーダーの特徴は、作業方針、手順、分担などの一切をリーダーが決定します。

そしてメンバーに指示をだすことで動かし行きます。

メンバーのリーダーに対する依存度が高まります。

生産性は高まる傾向にありますが、メンバー間の関係はぎすぎすすることもあるようです。






「農業機械整備技能士」・・・・

農業機械の整備についての技能を認定してもらう国家資格です。

農業では欠かすことができない農業機械だけに、その整備も重要な仕事です。

農業機械は使用頻度が少ないという特徴があります。

たとえば田植え機などは1年で何日かしか使わなかったりします。

機械の使用条件も整備に関係していきますね。



続きを読む

drecom_shikaku at 06:57資格とスキルのおしゃべり 

2016年11月30日

「自衛官」・・・

徴兵制のない日本において国を守るために戦うことを仕事とします。

自衛隊の任務を行う特別職国家公務員とされます。

陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊のいずれかに属します。

上層部を目指す人は防衛大学を経ます。

ちなみに防衛大学は給料をもらいながら通うことができる大学です。





「相づちについて」・・

会話の中で、聞く側のシグナルとして相づちがあります。

相づちの打ち方で、会話の流れは変わります。

また、相づちを聞くことで、相手の手ごたえも感じることができます。

意外と相づちには関心度などの情報も、会話の流れへの影響力も詰まっているので、軽く考えないことが大事です。





「建設機械整備技能士」・・・

特級・1級・2級の等級区分がある技能検定です。

建設現場では欠かせない建設機械の整備を担う重要な技術者です。

ショベルカーやクレーンなどの不具合は大きな事故を招くこともあり、重要な仕事です。

建設機械には大型のものが多く、それゆえの苦労も結構あるんでしょうね。




続きを読む

drecom_shikaku at 06:55資格とスキルのおしゃべり 

2016年11月24日

「社長」・・・

会社や社団を代表する役職の名前です。

個人営業などの小規模なものから、大企業までさまざまです。

社長がトップのこともあれば、その上に会長がいる場合もあります。

社長は経営者であり、会社に重要な意思決定を行う人ですので、そのためのスキルや経験を持つことも重要です。





「残業で手助け」・・

残業は誰しもやりたくはないもの。

同僚のために喜んで残業してくれる人は、なかなかいないです。

でも普段からしっかりした関係を築いている相手であれば、ひと肌脱ぐというのも決していやなことではないはずです。

ピンチに陥った時こそ、信頼関係の深さが見えてくるのかもしれないです。





「縫製機械整備技能士」・・・・

ミシンも縫製機械です。

ミシンには家庭用だけじゃなく、工業用もあります。

アパレル産業を支える重要な機械です。

縫い方などさまざまある縫製機械に対応すべく知識や技能を磨く必要があり、その技能を証明する資格です。

1級と2級の等級区分があるので、自分の実力に合ったほうを選びます。




続きを読む

drecom_shikaku at 06:59資格とスキルのおしゃべり 

2016年11月18日

「参議院議員」・・・

国会議員の一つです。

比べると衆議院のほうが力はありますが、衆議院は解散のリスクもあります。

そのためか参議院はちょっと地味な感じがします。

任期は6年で、ほとんど途中解散することもないので、全うする場合が多いです。

昔からタレント議員が多いのも参議院議員です。





「仕事とオープナー」・・

心理学でいうところのオープナーとは、相手の自己開示を引き出すのが上手な人です。

基本的に聞き上手な人です。

オープナーはどんなタイプの人からも好かれやすいです。

自分を強く主張しないで、周りの人の話にじっくり耳を傾け、短くとも的を射たコメントをする。

自己主張しなくても存在感は高いのでした。






「油圧装置調整技能士」・・・

油圧装置は油圧を利用した装置のことで、その調整に関わる技能検定です。

名称独占の国家資格ですので、実力を証明するのに役立つ資格です。

等級が1級と2級がありそれも表示する必要があるため、上級を狙いたいところですが、実力に応じたチャレンジを要します。



続きを読む

drecom_shikaku at 06:59資格とスキルのおしゃべり 

2016年11月12日

「サラリーマン」・・・

会社員や公務員などを指して使う言葉です。

脱サラという言葉もありますが、起業して経営者になったりすることです。

医者や弁護士などの専門職はサラリーマンとは呼ばないです。

ビジネスマンという呼び方も使われますが、こちらのほうがもう少し広い意味のようにも思えます。






「自己スキーマとビジネス」・・・

自分自身をどうとらえているか、というのは言動に表れていきます。

ぎゃくにいうと自分自身のとらえ方が分かると、言動にも変化が現れます。

また相手の話す内容から、その人が自身のことをどうとらえているかをうかがい知ることもできます。

たとえば自信家なのか、あるいは自信がない人なのか、などを知ることで対応も変えられますね。





「空気圧装置組立て技能士」・・・・

様々な場所やシーンで使われる空気圧装置ですが、その組み立てに関する技能検定です。

上級技能者、中級技能者を認定するために1級と2級の等級区分があります。

ちなみにこの等級を表示することが名称表示には欠かせない条件となります。

取得には学科も実技も欠かせません。



続きを読む

drecom_shikaku at 06:53資格とスキルのおしゃべり 
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ