2017年12月08日

「客室乗務員」・・・・

運航中の旅客機の客室で、サービスを行ったり、緊急時の誘導を仕事にします。

女性のイメージが強く、昔はスチュワーデスと呼ばれ、女性のあこがれの職業の一つでした。

近頃はキャビンアテンダント、フライトアテンダントなどと呼ばれています。

性別に関係なく使える言葉になったのでした。





「プロデューサーの上」・・

エグゼクティブ・プロデューサーと呼ばれるのが、プロデューサーの上の管理職となります。

幹部といったほうがいいかもしれませんね。

テレビ放送や映画、音楽、ゲームの世界で使われる役職の名前です。

作品を作るうえでトップとなるだけに作品を左右する重要なポジションです。






「知的財産管理技能士」・・・

物ではないものの価値の高いものとして評価される知的財産。

その知的財産の管理に関する技能検定です。

知財技能者というのが略称なんだとか。

2008年から追加された歴史の新しい技能士です。

1級から3級までの等級区分があります。

リスクマネジメントとか、契約など様々な知識と技能を必要とします。




続きを読む

drecom_shikaku at 06:03資格とスキルのおしゃべり 

2017年11月28日

「スタントマン」・・・

映画などで危険なシーンを代わりに演じる演者です。

山場をつくるような派手なアクションを行うのに、直接顔が出ることはありません。

失敗すれば、ケガしたり、場合によっては命を落とす危険もあったりする仕事です。

高所や階段落ち、火を使ったアクション、カーチェイスなど、様々なスタントがあるのでした。






「エクステリアデザイナー」・・・

自動車のボディーをデザインする専門家のことをいいます。

カーデザイナーを構成する一つで、他には内装を担当するインテリアデザイナーや色を担当するカラーデザイナーなどがあります。

車の形のデザインは、走行性や外観を決め、人気を左右するものですし、センスが問われる仕事ですね。





「FP技能士」・・・

貯蓄・投資等のプランの立案・相談を行うのが仕事のファイナンシャルプランナーの技能認定資格です。

個人資産、中小事業主資産、保険顧客資産など内容も多岐にわたります。

等級区分があり、3級から1級までとなっています。

実務経験なども要し、上の級ほど受験も合格も難しいのでした。



続きを読む

drecom_shikaku at 06:58資格とスキルのおしゃべり 

2017年11月20日

「スタント・パーソン」・・・

危険なシーンを代わりに演じる演者です。

高度で技術も必要とされ、日々のトレーニングも重要です。

活躍の場は、映像作品、イベント、舞台などです。

作品の迫力のあるシーンを支える重要な役割を担うのでした。

大まかにボディースタントとカースタントに分かれるそうです。






「駅長」・・

その名の通り鉄道駅における最高責任者のことです。

ふつうは昇級試験を受けて昇進するそうですが、試験合格だけでなるわけではないです。

副駅長や総務助役、首席助役などの経験を経てなったりするようです。

実務とは別に、一日駅長とか名誉駅長というのもありますね。






「ピアノ調律技能士」・・・

調律されていないピアノでは困ります。

ピアノの調律も技能のある人に任せることが安心です。

なかなか一般の人では分かりにくい部分だけに資格があるのは便利です。

ピアノ調律の技能を認定する技能士には、1~3級までの等級区分があります。

業務独占ではないとはいえ、大事な資格だと思います。




続きを読む

drecom_shikaku at 06:46資格とスキルのおしゃべり 

2017年11月12日

「スタジオ・ミュージシャン」・・・・

ミュージシャンの中でも、レコード・CDなどの作成のため、音楽スタジオなどで楽器演奏を行います。

バンドのように自分たちの楽曲を演奏するミュージシャンとは異なり、基本的に他人の楽曲を演奏します。

他にはステージサポートの演奏なども行います。

なんだか職人って感じですかね。






「駅員」・・

鉄道の駅の従業員を指す言葉です。

鉄道事業者によって正式な職名は異なるのものの、駅員といういい方は普通の人には通りがいいです。

改札・出札・案内などを行う人を普通は指し、車両の連結や信号扱いなどに従事する人にはあまり使わないです。

清掃や売店に従事する人にも使わないですね。






「キャリア・コンサルティング技能士」・・

等級区分が1級と2級の2つとなっています。

1級は「指導レベル」、2級は「熟練レベル」とされています。

キャリア・コンサルティングではかなり上位の資格として認識されています。

学科試験、実技試験の両方に合格する必要がありますが、それぞれ単独で挑戦できるのでした。



続きを読む

drecom_shikaku at 04:19資格とスキルのおしゃべり 

2017年11月03日

「スタイリスト」・・

映画・テレビ番組・写真などの出演者の見た目のコーディネートを行うのが仕事です。

衣装、アクセサリーなどの小物、髪型等をコーディネートします。

準備作業も多く、クライアントの打合せや、アイロンがけ、衣装集めなども行うのでした。

ファッションセンスだけではなく、情報収集なども大事です。






「栄養教諭」・・

教員のひとつですが、2005年に新たに設けられた職なんだそうです。

児童や生徒の栄養の指導及び管理をつかさどる教員なんだとか。

あまり聞きなれないのは新しいからかもしれないですね。

資格の取得には教員免許のほか、栄養士や管理栄養士を持っていることも要します。






「ウェブデザイン技能士」・・・

ホームページつまりウェブサイトのデザインに関わる技能を認定します。

技能士の一つです。

ホームページの重要性が高まり、求められる資格の一つでしょうね。

等級区分があり、1級から3級のうち、自分の経験実力に応じて選んで受験します。

ちなみにセキュリティ技術などデザインだけでは務まらないのでした。



続きを読む

drecom_shikaku at 07:03資格とスキルのおしゃべり 
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ